面接はデートと同じようなものである




江健勇(コン・キン・ユン)《毒辣NLP》の創立者で、NLP(神経言語プログラミング)を長年研究している。カナダに9年滞在し、カナダNLP協会でNLPのトレーニングを受けた。そして、NLPトレーナーとエリクソニアン催眠を行う資格を取得した。


李民傑(リー・マン・キッ) 宗教に関する修練に夢中で、香港に渡り、師匠に弟子入りし、三年も坐関した。現在は二社の企業の代表取締役に就任する。これまでの十年間に、たくさんの国際銀行に講演を依頼されている。金融業界での大人気の投資顧問である。


面接はデートと同じようなものである


友達は応募に行った時に、履歴書の中で趣味は水泳であると記入している。あいにく、面接を担当する者は水泳が好きである。この二人は十分を使って水泳について喋った。何歳から水泳を始めたか、一週間に何日間水泳するか等々。面接している当時、友達は水泳経験をシェアし続けるかどうかについて、心配した。彼らの話題はずれていると感じていたし、もう一方、面接経理は水泳を話すことを享受しているように見えた。最後、彼は面接経理の言う話題にしたがって答えることを選択した。結局、彼は雇用された。もちろん、才能はなくても、欲しい職場に就くことができると言っているのではない。先決条件が必要である。但し、条件に合格すると、欲しい職場に就くことができるか?


権謀の法則

人生は不公平であり、ただ死亡は公平である。


全部そうであるに限らない。統計によると、面接時に、初めの五分間だけで応募者を雇用するかどうかが決まる。残りの時間は面接者がその五分間に下した決定の正しさを証明するのに使われる。初めから、面接者はあなたが欲しい人材でないと思う場合、あなたは十個の理由を出して自分がこの職場に適任できると告げると、彼はあなたが「高ぶる」と判定する。初めから面接者はあなたが彼の欲しい人材であると決定した場合、あなたは10個の高ぶる理由を説明すると、彼はあなたが「自信満々」であると思う。だから、面接をデートと見なす必要があり、できるだけ相手に自分を愛させる。


もし、人類は理性的な動物だったら、私たちは面接に行く必要がない。ボスは履歴書を見た後、応募者を法律宣誓官の所に行かせて、彼の履歴が真実である証明書をもらうだけで良い。それから、ボスは多数の履歴書から最も良い履歴書を選択するだけで良い。面接を必要としない。


理性は私たちに仮象を与えるものである:「私が決定を下す理由は私が欲していて、あなたが私に欲しがらせるのではない」。だから、一人を変えたい場合、もし、相手の情緒の「つぼ」に合わせないと、あなたは色々な妨害に遇ってしまう。この「点穴」方法は一人の「奇人」に発見されたものである。彼は基本的に「神様も霊界も知らず」にいかなる人にいずれのことも遣らせることができる…



続きが読みたければ書籍を購入してください 新書特価セール: Amazon: https://goo.gl/Ff8JVQ

111 views0 comments