詐欺師に習う 第一印象、第一声




江健勇(コン・キン・ユン)《毒辣NLP》の創立者で、NLP(神経言語プログラミング)を長年研究している。カナダに9年滞在し、カナダNLP協会でNLPのトレーニングを受けた。そして、NLPトレーナーとエリクソニアン催眠を行う資格を取得した。


李民傑(リー・マン・キッ) 宗教に関する修練に夢中で、香港に渡り、師匠に弟子入りし、三年も坐関した。現在は二社の企業の代表取締役に就任する。これまでの十年間に、たくさんの国際銀行に講演を依頼されている。金融業界での大人気の投資顧問である。


詐欺師に習う 第一印象、第一声


あなたは会社の経営者にしろ、ただのセールスマンにしろ、新しいお客を開拓する時、初対面の相手に向かって発する第一声は、たぶん「初めまして、私はABC会社の代表でございます。DEFと申します。弊社の製品を紹介させていただきます。御社はこの製品を導入すれば、資金の節約に繋がり、収益を高めます……」と言った類の話に違いないだろう。そして、あなたは満面に笑みを浮かべ、頭を下げたり、ぺこぺこしたり、相手の手を握り締めたりして、とにかく麗らかな春日のような情熱で、相手の好感を獲得しようとするだろう。


このようなやり方では、あなたは温厚で親切な、礼儀正しい、情熱に燃える商売人だという印象しか相手にもたらさないだろう。


効果のない方法は、まだ使われている。


一般的な書店に出回っているセールス関連の本は、ほとんど好感を獲得することや第一印象を良くすることに重点をおいて書かれている。しかし、あなたの競争相手も同じことを謳えているなら、果たしてあなたに勝ち目があるだろうか?あなたの競争相手が、「弊社の製品を購入することは、金の無駄使いだ……」とは絶対に言わないだろう。誰もそんなバカな真似はしないはずである!


固着した「機械式」の売り込みは、どれだけの効果があるのか?あなたはすでに気づいたかもしれない。ある方法は千回以上使っても効果がなかったのに、依然として使われている。ある詐欺の方法は千人以上も騙されたが、依然として騙される人がいる。何故詐欺師はいつも同じ手法で人騙しをしているのに、依然として多くの人がコロッと騙されてしまうのか?


効果がないのに、使い続けている方法は、「ロボットとロボットの会話」と言える。売り込みの方法は事前に設定されたプログラムで、相手の反応も事前に設定されたプログラムである。結果は明らかである。詐欺師の手法に比べて、まるで勝負にならないのである.......



続きが読みたければ書籍を購入してください 新書特価セール: Amazon: https://goo.gl/Ff8JVQ

151 views0 comments