指一本の魂引抜き 力神聖な儀式で美人と視線を交わす




江健勇(コン・キン・ユン)《毒辣NLP》の創立者で、NLP(神経言語プログラミング)を長年研究している。カナダに9年滞在し、カナダNLP協会でNLPのトレーニングを受けた。そして、NLPトレーナーとエリクソニアン催眠を行う資格を取得した。


指一本の魂引抜き力


神聖な儀式で美人と視線を交わす


カナダから帰国してから、私はかつて数百人の公の場で驚くべき実験を行ったことがあり、思いがけない経験を得た。


マレーシアに帰ってからの数ヵ月後、私は9年間にわたって故郷にいなかったため、故郷の女性の変化を確認することに大きな好奇心を持っていた。(私の観察結論は:世界各国の美人はそれぞれ自国なりの独特美を有しているが、マレーシアの女性は話す時の声調において大きな「改善空間」がある。マレーシアに帰った後の1ヶ月目は非常に耳障りである。もちろん、もう数ヶ月後にはそれに慣れた。私はかつて異なった国に住んだことのある外国の友達と一緒に遊んだ時に、一つの結論を得た:中国系のマレーシア女性の足は世界で最もきれいである。)


帰国したばかりのうちに、私は多くの昔馴染みと会い、旧交を温めた。ある日、友人は私を連れて、ある宗教儀式に参加した。あれは数百人のチベット仏教法会であった。もちろん、私の興味は和尚を見ることではなく、当時故郷の女性達の身なり、化粧と髪形などを見たいと思っていた。間もなく、私は全身を包むハーフ美人が入ってきたのを見た。


彼女の「惹かれる」はどういう程度なのか?彼女は会場に入った時、前列にあった1、2人のチベットの若い坊主は、口の中でずっとぼそぼそとヴァン、チベット語の呪文を唱えていたが、目は何回もちらっと彼女を見ていた。彼女は私たちの左前に座っていて、約10メートルぐらい離れていた。その後、彼女の興味は和尚にないことに気付いた。彼女はきょろきょろと周囲を見渡し始めた。私はチャンスを待っていた。やっぱり、間もなく、彼女はちょうど私の方向に向いてきた。だから、私は何か事をすることにした。


彼女は振り返って私の方に向かった時、私は私のコースに紹介したことある「色目大法」で彼女を惹いた。この目つきは相手にあなたがとても誠実で、変な意図がないと思わせるからである。この目力カンフーはたくさんの学生に教授したが、私の秘伝を得たのは僅か二人しかいない。一人はカナダにいて、もう一人はマレーシアに居住している。


マレーシアに居住しているその弟子は、ある日、デパートで買い物した時、あるガールは、ずっと彼と遠く離れた所で彼をこっそりと見ていたことに気付いた。10分後に、彼はようやく思い出した。実は一ヶ月前に彼はあるカフェショップで彼女に色目を使ったことがあった。まさか、彼女はまだ自分を覚えていたかと彼は思った。だから、皆さん、想像してください。祖師としての私はどのぐらいの威力があるか。しかし、チベット法会の当日、私は達人に出会った。


この美人はいつも男のフォーカスになっていたかもしれない。だから、彼女にとって、他人に色目が使われたことは日常茶飯事なんである。彼女は達人である。達人の意味は手技を受けた後、受けなかったふりをしたり、心が惹かれた後、惹かれなかったふりをしたりすることという。惹かれなかったことと惹かれたが惹かれなかったふりをしたこととは少し違っている。


色目を使う法則は:色目を使った後、相手はもし全然反応しなかった、または反応が非常に大きかった場合、彼らはあなたの対象ではない。相手が少し恥ずかしくまたは少し知らないふりをすると良い。


彼女は2回目私の方向に向いた時、私は「色目」を十二層の功力に引き上げた。残念なことに、彼女はまだ私に達人の反応を与えている。


当時、私は「このまま色目を使い続けてもだめだ。たとえ、全力で色目を使い、メガネが爆裂し、七竅から出血するまで続けても役に立たない!よし!たとえ悪い印象であっても、印象のないことよりさらに良い。良い印象でも、悪い印象でも良いから、とにかく印象を残すべきである。」と考えていた。


権謀の法則
良い印象は上品であり、悪い印象は中品であり、印象の無いことは下品である。

私は決心を下した。あの美人は3回目こちらを見た時、私は右手の人差し指を挙げ、力を入れて彼女を指した。彼女は私の大げさな動作を見ると、びっくりして、急いで目つきを前の和尚の方に移した。私の近くに座った友達も好奇に私に「おまえ何してる?」と訊いた。私は彼に告げた。彼は「わあ!そのようにしても良いか?」とまた訊いた。私は笑って「かまわない。私は既にやった。」と答えた。彼も笑って「カナダから帰った者は、やっぱり違うものだね。」と言った。


但し、間もなく、彼女は私のような人がいるかをあまり信じないように、また、こちらの方を見た。私は再び彼女を指差した。彼女はまたびっくりして、前に向いた。私と友達は笑いを必死に我慢した。しかし、その時から、あの天性の美女は、きょろきょろ見回さなくなった。



続きが読みたければ書籍を購入してください 新書特価セール: Amazon: https://goo.gl/Ff8JVQ

213 views0 comments